翔んで埼玉の映画キャストが最高、再放送を見逃したら無料動画でチェック!

あらすじは、ネタバレも含みますが、東京への侵略を密かにもくろんでいる埼玉出身の御曹司GACKT扮する麻実麗が、アメリカの留学を経て編入学する東京の東京の官僚育成高校で起きるラブコメディ。魔矢峰央先生の持つ世界観が、男色やエロを埼玉を通して明るくお茶の間に持ち込んでいる作品。ボーイズラブという言葉も出てきますが、単なるボーイズラブではなくその要素は男色と言うカテゴリーあるために、男性も楽しめます。

私立金持ち高校で生徒会長として君臨していた壇ノ浦百美は、お父さんが都知事。将来を都知事になる身として生きていた。麗の編入当初は対立しているが、あっけなく恋に落ちてしまう。
そこからは百美が麗のサポートをする形で埼玉の下剋上をサポート、千葉や茨城、群馬との対立を経ながら、埼玉は着実に地位を上げるべく地下組織も動き出すが...

パタリロの作者の魔夜峰央先生の、隠れた名作を実写版にした爆笑のコメディー映画です。
飛んで埼玉かと思ったら、翔んで、なんですね。

 

翔んで埼玉の映画が無料で見られるのは?

TSUTAYA DISCAS
↑ ↑ ↑
ツタヤDISCASでは登録後の最初の30日間なら解約すれば無料で見られます。

ユーネクストでも2月9日までは配信していました。現在は550円でレンタルです。

 

映画のキャスト

キャストはこちらです。

(壇ノ浦百美) 役としては、お金持ちの坊ちゃんで、純粋な、とんがっている少年の役です。
二階堂ふみ
(麻実麗)   容姿端麗、実力派の、でも埼玉出身、いつか埼玉をトップにしてやるという信念を持っている
GACKT
(阿久津翔)  陰のあるキャラだが、実は千葉の連合代表。埼玉や東京をライバル視した戦いをもくろんでいる
伊勢谷友介
(菅原好海)  語り部の話をラジオで聴きながら、娘の入結納に向かうお父さん
ブラザートム
(菅原真紀)  同じ車でラジオを聴きながら、お父さんと揉めるお母さん
麻生久美子
(菅原愛海)  娘
島崎遥香
(五十嵐春翔) 婚約者
成田凌
(壇ノ浦建造) 都知事、悪代官のようなタイプ。ひょうちゃんの崎陽軒のシウマイをこよなく愛す
中尾彬
(埼玉県人の青年) さいたま人という事がばれてストリップ場で捕まる、出落ちのサラリーマン
間宮祥太朗

 

キャスト相関図

(壇ノ浦百美) 恋⇒(麻実麗)⇔ライバル (阿久津翔)   
二階堂ふみ     GACKT      伊勢谷友介

父であり都知事
(壇ノ浦建造) 
中尾彬

(菅原好海)  夫婦 ⇔ (菅原真紀) 
麻生久美子       ブラザートム  

(菅原愛海)   婚約者 ⇔  婚約者(五十嵐春翔)
島崎遥香           成田凌

これ以外でもキャストにちりばめられた豪華な作品への愛を感じます。
タカラジェンヌ、使用人、お父さん、京本政樹、眉毛の太い子、絵だけで出てくる埼玉と千葉出身の方々…
ゴージャスに楽しめます。

 

監督

監督は武内英樹です。出身は千葉。
他の作品には、のだめカンタービレやテルマエロマエ、きらきらひかる、電車男など、ああなるほどねえ、すんごくテンポが良かったなあと思う作品ばかりですね。演出補助した作品も101回目のプロポーズや、東京ラブストーリー、愛という名のもとに、北の国からなど、名作に携わっていますネ。

 

感想

よくある実写版の、3秒くらい次のシーンまでに空いてしまうような”間”がなく、テンポよく次々に突っ込んでくるところが面白い。
埼玉への愛と、ディスられることで生きている埼玉県民の好みをよく理解した作品だと思う。
とくにキャストとその衣装やセットのへのこだわりはものすごく、キャストもばかばかしいまでのギャグと変態チックなシーンを真剣に演じているところが素晴らしい。
冒頭のGACKTの何か国語ものスピーチも、よくある適当な外国語の発音では無く、かなりきっちりと現地言語に寄せてし上げているこだわりの強さは美しい。
キャストそれぞれが持ち味を嫌と言うばかりに前面に出している。
二階堂ふみは、こういう人間の持つ機微をしっかりと感じ取り、ちょうどいいあたりで表現する事に長けている。
青臭い純粋な青年役を見事に演じきっている。

 

ロケ地

群馬も結構使われた様です。実際には埼玉があまり使われていないんじゃないかと言う所もシュールなディスリ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました