副業で本やDVDを転売するのはしんど過ぎるし稼げない予感しかない

ちょっと昔「せどり」と称して本やDVDを転売するビジネスが流行りましたよね。
今、全く聞かなくなりました。

中古書店で目ぼしい本や人気のDVDを仕入れて、他所の店やネットで売るということを個人で始めてゆとりある暮らしをするという事を推奨する人も大勢いました。

 

せどり達人など肩書きある人のセミナーなども盛況だったイメージがありますが、長続きするとは思ってませんでした。

せどり転売は個人で稼ぐのは無理

シンプルに考えて、個人では仕入れ量や情報に限界があります。
しかも利益幅が予測できないという欠点があります。

更に追い打ちをかけるのは、どういう本が売れて、どういうDVDが高値で売れるのか、嗅覚が優れてないと稼げないことは、想像に難くないはずなんですよね。
売れるリストを配布しているせどり達人も居たと思いますが、根拠を示したことは無かったのではないでしょうか。

なぜ、あんなにも「せどりブーム」があったのか、未だに不思議でなりません。

一日中、中古書店などを徘徊して仕入れを行い、またそれを売り歩く。
自転車操業はビジネスの末期的な症状でしかないです。

せどりや転売で稼ぐつもりなら組織化と海外仕入れ

断捨離には宅配買取がおすすめ | 使わないものはまとめて買い取ってもらおう!
引っ越しやコレクションの卒業、DVDからVOD(ビデオオンデマンド・動画サービス)への切り替え、断捨離など、環境の変化により、使わなくなったものをスッキリさせたい!誰もが利用できて、簡単でお得に片付くオススメ方法をご紹介します。

副業として転売やせどりで稼ぐつもりなら、個人で戦うのは厳しいです。
やるなら組織化して外注スタッフを募って海外にも目を向けなければ長続きはしないでしょう。

競合はリサイクルショップ、アマゾンなどのショッピングモール、ヤフオクなどですから勝てないですよ。

その中でも多くの中小企業がバチバチやってるわけですから、個人でせどりや転売に引きずり込んだ人は罪作りですよね。

月数千円から数万円を目指すならAmazonでパソコンを使って転売することも良いでしょうけど、サラリーマンの月収を超える額を提示して煽っているような人に付いていくのは疑問ですね。

断捨離して買取依頼する方が精神的にも楽しい

副業の選択肢としてせどり転売はおすすめしません。
自宅を断捨離してリサイクルショップ等に買取してもらえると、転売やせどりの実態が見えてきますよ。

何となく高値で買取してもらえそうなモノを査定してもらっても、二束三文なんてザラにありますから、そういうビジネスなんだと認識すべきです。

それでも企業が参入するのは、別の稼ぎ方があるからです。

断捨離も買取で儲けるなど欲を満たすためではなく、快適な空間を得るためにやってみると精神的にも楽しいものになります。

買取なら宅配買取が売りの業者がおすすめ

本やDVDはAmazonで転売する傍らで、どうにもネットでも売りにくいものは、買取業者に依頼した方が楽です。

思った以上に買取金額が高くつくものもあります。

フィギュア、ミニカー、ラジコン、デジタルカメラ、携帯電話、パソコン、タブレットと業者によっては得意不得意があるので、複数の業者に買取してもらう方法もあります。

店舗に大荷物を持って行くのも大変なので、宅配買取が便利です。
買取業者と提携している配送業者が自宅に引き取りに来ます。

後日、業者から買取金額が知らされて、合意に達すれば買取成立となる流れです。

宅配買取はモノが動いてからの買取査定なので、安い金額を提示して買取が成立しないと、依頼主にモノを送り返すという負担が生じます。
それでは利益を削ることになりので、依頼主が一発で納得する買取金額を提示してくれますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました